ブレスのゴムについて


ブレスレットを作成する際は、ストーンの穴にゴムを通します。

 

ゴムはオペロンゴムとシリコンゴムの2種類あります。

お店によって使用しているゴムは異なります。

 

 

オペロンゴム

ポリウレタンを重ねた繊維状のゴム

(さけるチーズみたいな感じです)

 

色も豊富にあります。

ただし、透明はありません。

 

カラーゴムを使用することで

より色味を強調したり

水晶などはゴム色が透けてカワイイです。

 

 

繊維が束になっているので

繊維の1本が切れても

石が飛び散ることが少なく

繊維がいっきに切れることも少ないです。

 

ただし

繊維質のため、ささくれしやすく

ゴムの変色やストーンに色移りするのが難点です。

シリコンゴム

特殊な樹脂のゴムです。

カラーは無色透明のため、ストーン本来の色を楽しめます。

 

頑丈なゴムで引っ張っても

切れにくい特徴がありますが

オペロンゴムに比べると伸縮性は少なく

繊維質ではない為切れる時いっきに切れます。

シリコンゴムを使用します

ストーン歴10年以上のキャリアがある私はシリコンゴムを使用します。

 

 

オペロンゴムを使用しない

その理由

 

ささくれるから!

写真は5年ぐらい使用していたブレスレットに入っていたオペロンゴムです。

 

あっちこっちでささくれが玉になっています。

この玉がストーンの穴で詰まってゴムから抜くことができず

ゴムの入れ替えができないこともあります。

 

 

ストーン本来の色を楽しむ

水晶など透明感のあるストーンにはゴムに色があるよりも透明のゴムがストーン本来の色がキレイに見せてくれます。

 

オペロンゴムには透明はないので白色です。

 

シリコンゴムが透明なので、ゴムからストーンへ色移りすることもありません。