ロミロミとは

ロミロミとは

古代ハワイより伝わる大自然にエネルギーをもらいながら、そのことに感謝しながら行うオイルトリートメントです。

 ロミとは、ハワイ語で「もむ、押す、圧迫する」や「手のひらから伝わる愛情」という意味

 ロミロミは、施術の前には必ずALOHAの精神[愛]に基づいて、大自然への感謝の気持ちを表すプレ(お祈り)で始まりプレで終わります。

手のひらや指だけでなく、ひじや前腕などやわらかい部分を使い、ダイナミックでリズミカルに流れるようなストロークで体重移動を利用し、筋肉の奥深くまで揉みほぐします。

 

凝り固まった筋肉のコリやハリをほぐし、血液やリンパ液を活発にして新陳代謝を向上する働きがあります。

 

身体に溜まった老廃物を排出するとともに、むくみ解消にも非常に効果的です。また、リラックス効果も高く、ホルモンバランスや自律神経を整え、免疫力、自然治癒力を引き上げる効果もあります。 


ALOHAの心(思いやり、謙虚さ、調和、忍耐)と

Ho'oponopono(ホ・オポノポノ~心のクレンジング)と

Loving Touch を忘れず体をほぐすと共に

 

 

手のぬくもり、愛を込めて、心をときほぐすことを心がけ、

【ボティ(肉体)】・【マインド(心)】・【スピリット(魂)】のバランスを取り戻し、本来あるべき正しい状態(Pono/ポノ)に戻ることを目的にしています。

 

ロミロミの最大に気持ちよさは「波のような一定のリズム」で全身を解し、心と体をゆったり解します。

ロミロミについて

ロミロミ(Lomi Lomi)とは、ハワイで1000年も前から伝わる伝統的な癒しの技術で王族のみが受けられるヒーリング療法でした。

それは誰もが学べたものではなく、Kahuna(カフナ/神官)の家系で継承を許されたOhana(オハナ/家族)の一員だけに伝えられてきたものだったのです。

 

そして、その技術は本当にさまざまです。

ロミロミは血族内の継承とされるが、世界各地のヒーラー達に伝わるようになったのは、 ロミロミの最高権威とされ、ロミロミ界においても神様のような存在、「アンティ・マーガレット・マシャド女史」が血族内の継承という禁を破り、家族以外の人々にロミロミの技術を伝え始めました。

そして、世界各地にロミロミが伝わるようになりました。